スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

20世紀のブラジル音楽を代表する作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビンの集大成的アルバム/Inédito【音楽】

 
こんにちは、ほこだてです。

本日は、久しぶりにブラジル音楽をご紹介します。

1950年代後半にボサノヴァという音楽ジャンルを創生し、以降、多くのアーティストからその作品をカバーされ、音楽的ジャンルを超えて広く影響を及ぼしているブラジルの偉大な作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビン。

※過去の記事
ジョビンと坂本龍一の時空を超えた出会い/CASA(カーザ)【音楽】
http://eiichilaw.blog73.fc2.com/blog-entry-79.html

クラシック音楽にも通ずるその音楽の完成度を楽しめる本作は、ジョビン自身 “生涯最高の出来栄え” と認めた傑作だそうです。

20世紀のブラジル音楽を代表する作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビンの集大成的アルバムをぜひ聞いてみてください。






Inédito
Inédito
Antônio Carlos Jobim


1. Wave (Vou te Contar)
2. Chega de Saudade
3. Sabiá
4. Samba do Avião
5. Garota de Ipanema
6. Retrato em Branco e Preto
7. Modinha (Seresta no.5)
8. Modinha
9. Canta, Canta Mais
10. Eu Não Existo Sem Você
11. Por Causa de Você
12. Sucedeu Assim
13. Imagina
14. Eu Sei Que Vou Te Amar
15. Canção do Amor Demais
16. Falando de Amor
17. Inútil Paisagem
18. Derradeira Primavera
19. Canção em Modo Menor
20. Estrado do Sol
21. Águas de Março
22. Samba de Uma Nota Só
23. Desafinado
24. A Felicidade

※Amazonで視聴できます。







アルバムを通して全曲素晴らしいのですが、特に私が好きなのは、2. Chega de Saudade、3. Sabiá、4. Samba do Avião、21. Águas de Março、24. A Felicidade です。


こちらは、本アルバムの3曲目「Sabiá」をひとり弾き語るジョビンの姿。
ぜひアルバムバージョンと聞き比べてみてください。







音楽


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg 
http://www.hokodate-jimusyo.com


スポンサーサイト
 
 
   
.12 2011 音楽 comment0 trackback0

ジョビンと坂本龍一の時空を超えた出会い/CASA(カーザ)【音楽】

 
こんにちは、ほこだてです。

本日は、久しぶりにブラジル音楽をご紹介。

20世紀のブラジル音楽を代表する作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビン(1927年1月25日-1994年12月8日)の名曲を、あの坂本龍一が演奏・プロデュースするトリビュートアルバムです。

「坂本がジョビンの曲を、ジョビン愛用のピアノを使い、ジョビンが生前使っていたスタジオでレコーディングするという夢のような企画なのだ。 バックを務めるのは、かつてジョビンのバックで活躍していたモレレンバウム夫妻。」(Amazonの説明より)

ピアノ、チェロ、女性ボーカルを軸にした、シンプルながら知的な雰囲気が漂う極上の音楽をぜひ聞いてみてください。






カーザ
Casa(カーザ)
Jaques Morelenbaum, 坂本龍一, MORELENBAUM2/SAKAMOTO


1. AS PRAIAS DESERTAS
2. AMOR EM PAZ
3. VIVO SONHANDO-DREAMER-
4. INUTIL PAISAGEM
5. SABIA
6. CHANSON POUR MICHELLE
7. BONITA
8. FOTOGRAFIA-PHOTOGRAPH-
9. IMAGINA
10. ESTRADA BRANCA
11. O GRANDE AMOR
12. CANCAO EM MODO MENOR
13. TEMA PARA ANA
14. DERRADEIRA PRIMAVERA
15. ESPERANCA PERDIDA-I WAS JUST ONE MORE FOR YOU-
16. SEM VOCE
※Amazonで視聴できます。






ちなみに私の携帯の待ち受け画面は、かれこれ3年以上前から本アルバムのジャケット写真(画像)を使用中。


ジョビンが使っていたスタジオでのレコーディング風景が見れる、本アルバムの収録曲
「O GRANDE AMOR」のYouTube動画をどうぞ。






ところで、坂本龍一と坂本龍馬……。  一字違いなんですね。




音楽


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg 
http://www.hokodate-jimusyo.com


 
 
   
.17 2010 音楽 comment0 trackback0

ブラジルが生んだ天才シンガー・ソングライター 「Djavan」/Djavan(ジャヴァン) 【音楽】

 
こんにちは、ほこだてです。

本日は久しぶりにBrazil音楽のご紹介です。

ブラジルが生んだ天才シンガー・ソングライター、Djavan(ジャヴァン)。

1982年にリリースされたアルバム「Luz(ルース)」に収録されている、あのスティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加した名曲「SAMURAI」(サムライ)が有名ですが、私の一押しは1978年にリリースされたセカンドアルバム「Djavan」です。

Djavan(ジャヴァン)の魅力は、ポップの要素をあわせ持つ豊かな音楽性と、彼の包容力あふれる歌声。

Brazil音楽界の至宝との誉れ高いその声を、ぜひリンク先から試聴してみてください。






ジャヴァン&アルンブラメント(閃き)
ジャヴァン&アルンブラメント(閃き)
ジャヴァン


1. Cara De Indio(インディオの顔をした白人)
2. Serrado(ふるさとの山地)
3. Agua(水)
4. Alibi(アリバイ)
5. Numa Esquina De Hanoi(ハノイの街角で)
6. Minha Mae(僕の母)
7. Alagoas(アラゴアス)
8. Estoria De Cantador(即興詩人の物語)
9. Nereci(ネレシー)
10. Samba Dobrado(朝から晩までサンバを)
11. Dupla Traicao(二重の裏切り)
※Amazonで視聴できます。






私のベストトラックは、2.「Serrado」! 思わず体が反応してしまうgroove感がたまりません。

7.「Alagoas」は、聞いているだけでhappyになる小気味よいリズムとメロディーがgood!

9. 「Nereci」は、女性ボーカルとヴィブラフォンが涼しげな雰囲気を醸しだしているJazzyな一曲です。



おすすめシチュエーション♪

散歩やドライブ、パーティーなどにもってこいのアルバムです。
家でじっとして聞くよりも、動きのあるシチュエーションの中でどうぞ。




= 追記 =

サッカーのワールドカップ、日本代表が決勝トーナメント進出を果たしてくれました!

引き分け以上で予選を突破できる状況だったとはいえ、相手は予選であのポルトガルを苦しめた強敵デンマーク。

ゲームの立ち上がり、デンマークの正確でテンポの速いパスワークにひやひやさせられましたが、終わってみれば本田選手、遠藤選手のフリーキック2発に加えて、流れの中でFW岡崎選手が得点するなどして、スコアはなんと3対1。

接戦やむなしとの予測が大勢を占めていた中、いったい誰がこのスコアを予測できたでしょうか。

試合が終わったあとの、歓喜に沸く選手たちや現地サポーターの映像を見て思わずうるっときたのは私だけではないはず。

やはりチームスポーツはいいですね。

大活躍の松井選手が試合後にコメントしていたように、残りの試合、このチームが日本サッカーの歴史を塗り替える活躍をしてくれることを期待してやみません。



音楽


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg
http://www.hokodate-jimusyo.com


 
 
   
.24 2010 音楽 comment0 trackback0

「Natural」「Slow Motion Bossa Nova」/Celso Fonseca(セルソ・フォンセカ) 【音楽】

 
こんにちは、eiichilawです。


みなさんに質問です♪

好きな音楽のジャンルはなんですか?」


ジャンルという言葉が適切かどうかは別として、私なら迷わず「Brazil音楽」と答えます。


Brazil音楽を聴き始めて早15年。

はじめはクラブジャズの影響だったと思います。
当時、おしゃれな大人は夜な夜なタイトなスーツでサンバを踊っていた!なんて話したらいつの時代かと思われるかもしれませんが


Brazil音楽といえばサンバボサノヴァが有名ですよね。

リオのカーニバルに代表される情熱のサンバと、アントニオ・カルロス・ジョビンらが生み出した洗練されたボサノヴァ

他にもMPBと呼ばれる、サンバやボサノヴァにロックを融合した新しいスタイルのブラジリアンポップスがあります。

あの坂本龍一も惚れ込んだBrazil音楽。
ブラジルという国と同様、とても複雑で奥が深い音楽です。


1年を通してBrazil音楽を楽しんでいるeiichilawですが、夏真っ盛りによく聞く(効く)アルバムが本日ご紹介する2枚です。



■刺激のルート


Online Bossa Nova Radio Station Brazil Moods(インターネットラジオ) ⇒ Celso Fonseca(セルソ・フォンセカ)



Natural
Natural 
セルソ・フォンセカ

1.Bom Sinal
2.Sem Resposta
3.A Origem Da Felicidade
4.T he Night We Called It A Day
5.Meu Samba Torto
6.Febre
7.Consolacao
8.She's A Carioca
9.Teu Sorriso
10.Slow Motion Bossa Nova
11.Minha Dalva De Oliveira
12.Buteco 2




スローモーション・ボサノヴァ
スローモーション・ボサノヴァ
セルソ・フォンセカ/ロナルド・バストス

1.Samba Tudo
2.Sat lite Bar
3.O Que Restou Do Nosso Amo (Que Reste-T-Il de Nos Amours)
4.Slow Motion Bossa Nova
5.Valeu
6.Ledusha Com Diamantes
7.Voz Do Cora o
8.Dylan Em Madrid
9.Feito Pra Voc
10.Miles Ahead of Time
11.O Sorriso de Angkor
12.Meu Carnaval
13.Pi Pella del Mondo/A Voz Do Morro
14.Juventude




■レビュー



Brazil音楽のキーワードに、「サウダージ」という言葉があります。

郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などの意味合いを持つそうです。

eiichilawオススメの曲を「サウダージ」で表現してみると・・・


Natural

1.哀愁のサウダージ
3.小気味好いサウダージ
4.シルキー・サウダージ
6.ムーディー・サウダージ
7.ファンキー・サウダージ
8.名曲サウダージ


スローモーション・ボサノヴァ

1.夢心地・サウダージ
2.ドラマチック・サウダージ
3.エレガント・サウダージ
4.人生は素晴らしい!サウダージ
6.小粋なサウダージ
7.心動かすサウダージ
9.恋人たちのサウダージ



eiichilaw的シチュエーション♪

まず、ビーチでサマーベットとパラソルを確保しよう。
それから、この夏に読もうと決めていた小説とよく冷えたアルコール。
準備ができたら、バックグラウンドミュージックにどうぞ。

リアルな妄想がポイントです。



音楽


過去の記事一覧


 
 
   
.09 2009 音楽 comment0 trackback0

「A Noite」/Ivan Lins(「ある夜」/イヴァン・リンス)【音楽】

 

■刺激のルート


Online Bossa Nova Radio Station Brazil Moods ⇒ Antes Que Seja Tarde/Ivan Lins(今を生きよう/イヴァン・リンス) ⇒ 「A Noite」/Ivan Lins(「ある夜」/イヴァン・リンス)



ある夜
ある夜
イヴァン・リンス


1.ア・ノイチ(ある夜)
2.デゼスペラール・ジャマイス(決してあきらめはしない)
3.コメサール・ヂ・ノーヴォ(夜明け)
4.テ・レクエルド・アマンダ(愛しのアマンダ)
5.ア・ヴォス・ド・ポーヴォ(皆の声)
6.アンチス・キ・セージャ・タルヂ(今を生きよう)
7.サインド・ヂ・ミン(別れの旅)
8.フォルミゲイロ(アリの巣)
9.ヴェラス・イサーダス(帆を立てて)
10.ノイチス・セルタネージャス(セルタネージャの夜)
※試聴はこちらから




■レビュー 



ブラジル・ポピュラー界屈指のシンガー・ソングライター&ピアニストの1979年作品。

6.アンチス・キ・セージャ・タルヂ(今を生きよう) がグレート!
熱い、アツすぎる、 “たましい揺さぶり系” の歌声です。

夏に聴くにはアツすぎる(?)ので、この時期に。(音はCoolですよ~)

3.コメサール・ヂ・ノーヴォ(夜明け)、9.ヴェラス・イサーダス(帆を立てて)も名曲です。



eiichilaw的シチュエーション♪
夕暮れ時、下山の登山口から最寄の駅に向かうバスの車中で。
素晴らしい山行の余韻に浸れること請け合いです。



音楽


過去の記事一覧


 
 
   
.21 2009 音楽 comment0 trackback0
 HOME 

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。