スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

フジマキ流営業の真髄とは?⇒『全ては顧客視点』/藤巻幸夫【講演会】

 
こんにちは、ほこだてです。

先日、お取引先の信用金庫様からお誘いを受けて、出展企業200社超のビジネス交流会に参加してきました。

都内のホテルの大広間を借り切った大規模な交流会で、主催・共催の5信用金庫とお取引のある多くの地域企業が、各々の特徴を出した個性的なブースを展開していました。

今回交流会に参加するにあたって、多くの地域に根ざす企業との交流を楽しみにしていたのはもちろんですが、特に楽しみにしていたのが、あの “元伊勢丹のカリスマバイヤー” 藤巻幸夫氏の講演会。 

さすがのネームバリューに、当日は用意した会場に人が入りきれないほどの盛況ぶりでした。

ちなみに、昨年までの私のテーマは「自分のことを知る」でしたが、今年のテーマは、
「相手(顧客)のことを知る」

講演会のタイトルは、ずばり『全ては顧客視点』ということで、まさにシンクロするタイトルです。

早めの会場入りで最前列の席を確保し、フジマキ流営業の真髄を体感してきました。



■気づきのチェックポイント



顧客視点でPRを
 iPodなどの鏡面加工技術で知れられる新潟県燕三条。 他にも多くの優れた製品を
 つくっているのに、そのすごさを顧客に伝えられていない。 非常にもったいないこと

伊勢丹時代
 キャリアのスタートはバーゲン会場の売り子から。 あるお客様から、バーゲン品よりも
 新品のジャケットの方が売れる理由を教わった。 鍵は「感性」
 顧客視点のマーチャンダイジングが特に重要。 色、柄、素材、デザイン、機能、用途、
 サイズ、価格。 すべてにおいて、顧客視点で “意味” をもたせる

「福助」社長時代
 ブランドとは、ストーリー、ヒストリー、フィロソフィー
 福助のヒストリー(歴史)をひも解き、昔のアドバルーン広告に注目。 メディアを
 巻き込む「福助復活イベント」を行なった結果、社員のモチベーションがアップ

現在の活動
 今は自分も銀行からお金を借り、個人保証というリスクを負っている中小企業経営者。 
 昨年、「旅×日本のワザ×デザイン」をキーワードにした「エキュート品川」とのコラボ
 レーションショップ、「Rails藤巻商店」を開店
 マーケティングは現場が一番重要
 




ご自身の経験から得たマーケティング・ブランディングの要諦について、1時間半、ノンストップでお話をされた藤巻氏。

タイトル『全ては顧客視点』の言葉通り、具体的なエピソードを交えながら一貫して顧客志向・現場志向の重要性をお話されましたが、特に印象に残ったのは、藤巻氏の「メイドインジャパン製品」と「日本」への深い愛情でした。

ご自身がプロデュースするセレクトショップ「Rails藤巻商店」で全国各地の選りすぐりのメイドインジャパン製品を販売しているほか、昨年は「日本元気塾」というコミュニティを通じて次代の日本を担う若者に文字通り元気を注入されてきたとのこと。

今年に入って地元商店街やまちづくりの活動が増えてきている私ですが、フジマキ流営業の真髄を肝に銘じ、地域から日本の活性化に役立てるように頑張ろうと思います。



追記

ツイッターでソフトバンク・孫社長の絶叫ぶりを見て以来、すっかりNHK大河ドラマ「龍馬伝」にハマッています。

豪華なキャストや作り込みといった内容の充実さはもちろんですが、単発の番組と違って、やはり連続物のドラマは引き込まれますね。

加えて、世界的な経済危機から立ち直ろうとしている今の時代と、日本を変革しようとする志士達が活躍する龍馬の時代。 この “時代の変わり目” という相通ずるコンテキスト(文脈)も、多くの視聴者を「龍馬伝」に引き付けているのだと思います。

前回の放送では勝麟太郎(勝海舟)に導かれて、初めて “日本の黒船” に乗った龍馬。 当時もやはり、相手のことを知るためには船に乗って実際にアメリカに渡る必要があったのでしょう。

来週の放送が、“まっことに” 楽しみですね。



過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg
http://www.hokodate-jimusyo.com


スポンサーサイト
 
 
   
.19 2010 セミナー・講演会 comment0 trackback0

行列のできる講座とチラシの作り方/牟田静香【セミナー】

 
こんにちは、今年の花粉は鼻よりも目にきているほこだてです。


以前、取引先の地域金融機関様主催の無料相談会の企画に携わっていたときのこと。

他の金融機関や行政機関などで行われる無料相談会との差別化を図るという意味で、ベテランの税理士・公認会計士と経営コンサルタントが相談員となり、時間もゆったり1組につき1時間ほどかけてお客様の経営相談・財産相談に対応していました。

相談体制を充実したおかげでお客様の満足度も高く、そのままご依頼につながるケースも多かったのですが、常に苦労していたのが “集客” の問題。

せっかく質の高いサービスを提供していても、そもそも集客ができなければ絵に描いたもちですよね。

そんな時期に出会ったのが、この本でした。


人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社プラスアルファ新書)

人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社プラスアルファ新書)
牟田 静香 (著)

【目次】
序章 人を集めるとはどういうことか
第1章 これさえあれば人が来る!「面白さ」とは何か?
第2章 ターゲットを絞れ
第3章 胸に響くタイトルをつけよ
第4章 よいタイトルを作るには
第5章 思わず手に取るチラシの作り方と効果的な広報
第6章 満足度の高い講座作りと講師選び
第7章 失敗に学び、次回の成功に結びつけるポイント


本書では、講座・イベントに人を集めるポイントとして、①ターゲットを徹底的に絞る、②ターゲットの心に響くタイトルをつける、の2つを挙げています。

特にタイトルのつけ方については、「タイトルに目的が見える」「出れば何が得られるのかがわかる」など、顧客視点を最重視しており、その後の私の広報活動にとても役に立ちました。


著者の牟田静香さんは現在、NPO法人 男女共同参画おおたの理事長をなされていて、同NPOの主催する講座の企画・運営に携わりながら、応募者が殺到するヒット講座を数多く作り出している方です。

そんな牟田さんが講師をされるセミナーの告知が杉並区の広報に “地味~に” 載っているのを偶然発見。

というわけで今回、すぎなみNPOセンター主催の「行列のできる講座とチラシの作り方」セミナーに行ってまいりました。


セミナーは、10:00~17:00までの超充実1日講座で、午前中はダメダメチラシを題材に行列のできるチラシ作りのポイントを牟田先生が解説。 参考資料や具体的な企画のエピソードなどから、書籍だけでは得られない多くの学びを得ることができました。

午後からは、私が一番期待していたグループでのワークショップ。 参加者が複数のグループに分かれ、それぞれのチームでダメダメチラシを題材に、反省会、企画会議を行い、最後は白紙のポスターにマジックを使って行列のできるチラシを実際に作るというワークです。

テーマは、「30~40代男性の家庭参画」。 この硬いテーマでいかに魅力的なイベントを企画して集客するか。 同じグループになったメンバーは、年齢も職業もさまざまです。 はじめて会った者同士、はじめこそ遠慮しながら話し合っていましたが、徐々に議論が白熱し、最後は面白いアイデアが続出!! 2時間ほどかけて無事1枚のイベントチラシが出来あがりました。

企画って複数人でやると楽しいものですね。 自分だけでは到底思い浮かばないアイデアが他者とのシナジーで次々と生まれ、本当にあっという間に時間が経ってしまいました。

このセミナーで知り合うことができたあるNPO法人の方と、ご一緒に企画を立てる日も近いかもしれません。



人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社プラスアルファ新書)

今まで作ったチラシの「ここがダメだったのか!」というのがよくわかります。



※行政書士 鉾立榮一朗事務所 セミナー・研修会メニュー

<行政機関、NPO団体、町会、自治会、商店街、商工会議所向け>
テーマ例)
『はじめての人のための遺言書作成講座 
 間違いのない遺言書の書き方 5つのチェックポイント』
レジュメはこちらのガイドブック(印刷版)を使用します。


<地域金融機関職員様向けOJT>
『営業職員のための “顧客相談の対応力アップ” 講座』
テーマ例)
・事例研究―顧客の抱える法律・税務問題を解決し、ビジネスチャンスを獲得した事例
 ※平成21年度実績 0JT実施信用金庫:13支店、参加職員:延べ92人
・顧客の相続・事業承継ニーズに応える遺言書の活用法


お問い合わせは
行政書士 鉾立榮一朗事務所webサイト



過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg
http://www.hokodate-jimusyo.com


 
 
   
.28 2010 セミナー・講演会 comment2 trackback0

「神田昌典講演会 全脳思考-自分の未来をはっきり感じる1枚のチャート」/神田昌典【セミナー】

 
こんにちは、eiichilawです。

7月から受講しているブランディング講座。
同期の仲間と、毎日のように刺激をシェアさせてもらっています。

これまでの自分の人生を振り返り、丹念に経験を深堀していく作業を通じて、社会における自分の役割・使命に気づく。

めちゃくちゃ時間のかかる、時には辛い、根気の要る作業ですが、

「なぜ今の自分はこうなったのか?」
「自分の使命は何か?」

といった問いのヒントが、過去の自分自身の経験や思考から浮かび上がってきます。

そのヒントを言語化したプロフィールが、ブランド人として、世の中に発信するメッセージとして、その人らしくあるか、といったところをweb上で仲間と日々議論しています。

自分では気づかない自分の強み。
仲間に指摘してもらい、何度もハッとしました。

この場ではまだ詳しく話せず、もどかしい限りですが、
1ヵ月後、間違いなく私のプロフィールがガラっと変わることでしょう。



■刺激のルート


「全脳思考」 /神田昌典 ⇒ mixi神田昌典コミュニティ ⇒ 「神田昌典講演会 全脳思考-自分の未来をはっきり感じる1枚のチャート」/神田昌典


先週、『全脳思考』刊行記念講演で紀伊國屋ホールに行ってきました。

カリスマ経営コンサルタントとして名を馳せている神田氏。
通常の1日セミナーでは、受講料5万円は下らないのですが、今回は約2時間半の講演で参加料1,000円!
もちろん内容は比較などできませんが、充実したワークの時間もあり、大満足な講演会でした。


※神田氏の著書、「全脳思考」 /神田昌典 に関する記事はこちら

http://eiichilaw.blog73.fc2.com/blog-entry-21.html




■チェックポイント



・環境問題、医療福祉問題等、問題が高度に複雑化してきている
 現代社会においては、ビジネス的にもソリューション化が不可欠。

・ホワイトカラーの時代から、クリエイティブクラスの時代へ。
 ロジカルな思考が求められる職種より、知的創造的な職種、
 すなわち、デザイナー、芸術家、ミュージシャンなどが活躍する時代となる。

・常に未来を想う。
 現状からの発想では、困難な問題を打開するようなクリエイティブなアイデア
 は生まれない。

・顧客とともに成長する。
 共感され、応援される人になる。

・ベイビーステップとは?
 今すぐできること、今晩からできることは?
 小さなベイビーステップからすべてが始まる。



途中、希望する参加者を舞台に上げて、チャート作りの実演をはさんだ後、
参加者各自が考える、「3年後の120%ハッピーな自分」を題材にしたワークへ。


私のお題は、「進化する21世紀型コンサル」。(なんだか仰々しいですね~。)


◎まず、「3年後の120%ハッピーな自分」は、どんな自分?
 未来の自分はどんなことを語っている?

という問いについては、


『手探りではじめたことがカタチになり始めた!
余裕が出てきたから新しいことが始められる。
例えば、会社経営、出版etc・・・』


▲次に、「現在の自分」は、どんな自分?
 今どんなことを考えている?

という問いについては、


『やろうと思うことが世の中に受け入れられるか?
ニーズを捉えているか?
事業として回っていくだろうか?』


そして、「現在」から「3年後」に至る過程で起こるであろうエピソード
いくつかイメージしていきます。


私の場合、

▼現在~2010年8月まで
 とにかく知識の吸収(インプット)と実務経験(アウトプット)を繰り返す修行の
 時。
 と同時に、「理念を人に伝えまくる」をミッションとする。

▼2010年9月~2011年4月
 顧問先・提携先が増え、事業が安定化する。

▼2011年6月
 セミナーCD・DVD等のツールを開発。事業の自動化へ。

▼2012年1月
 商業出版。事業モデルが受け入れられたと実感。

▼2012年6月
 新しい事業立ち上げのため、会社 or NPO を設立。


な~んて、とりとめもなく書いてみました。
しかしながら、結構筆が進み、テンション上がりました。
とても楽しかったです。


最後に、神田氏が、
「思いやりのある生活」 (知恵の森文庫) (文庫)/
T・ギャムツォ (ダライ・ラマ14世) (著), 沼尻 由紀子 (翻訳)

という本を紹介していました。

ビジネスにおいても、「思いやり」という視点が大切とのこと。

早速読んでみようと思います。



■気づき度



「全脳思考モデル」、今の自分の置かれている状況的に、(独立開業準備、会社・取引先との関係etc...)混乱した思考の整理に非常に役立っています。

今回の講演は、神田氏が書籍では伝え切れなかったことを伝える、というコンセプト通り、参加者を舞台に上げてのチャート作り実演の中で、具体的な思考プロセスを参加者全員と共有できたのが良かったです。

また、著書は、
顧客を120%ハッピーにする」という視点で書かれていたので、
自分を120%ハッピーにする」というワークが自分の中では新鮮でした。


気づき度120%で大満足。

講演会に付き合ってくれたmaki’nさん、アリが10匹!



過去の記事一覧


 
 
   
.23 2009 セミナー・講演会 comment0 trackback0

「自分プロデュース力を鍛える!7つの戦略」/土井英司【セミナー】

 

■刺激のルート


「これから10年、生き抜くためのお金&キャリアの方程式」/土井英司、酒井英之、野瀬大樹、野瀬裕子、横山光昭 ⇒ 「自分プロデュース力を鍛える! 7つの戦略」/土井英司 

 
こんにちは、eiichilawです。

前回の記事で、胃にポリープが見つかった話を書いたところ、さっそく友人のchieさんがオススメの本を紹介してくれました。
「細胞から元気になる食事 」(新潮文庫)/山田 豊文 (著)

タイトルがいいですね!
エリエスの土井さんが、「人間は、半分スピリチュアル、半分マテリアルでできている」とおっしゃっていましたが、食事は体をつくるマテリアル。
大事ですよね。
早速トライしてみようと思います。
chieさん、アリが10匹!


さてさて、毎月の恒例となっていた、エリエスの「最強の自分マーケティング」セミナー【最終回】に参加してきました。
毎回その内容に唸らされるeiichilawですが、同テーマは今回が聞き納め。
土井英司というフィルターを通した、「自分マーケティング」的価値観、哲学を聞いてきました。



■チェックポイント



▼若くして自分の才能に気づく方法

   
   ・「才能」はもともと「興味」から始まる。

   ・壁にぶち当たっても続けていけるかどうかが分かれ道。
    ⇒ セルフモチベートが重要。      


▼活躍する「場」を選ぶための目利き力

   ・「社風」と「評価システム」は意外と重要。

   ・ストレスは、自分で(が)コントロールできないときに生まれる。

   ・ポイントは、今の会社で「裁量」が与えられているかどうか。

   ・今の職場で自分にしかできないことがあるか?

   ・自分をどの場にもっていったら価値があるか?

   ・人のマネをすると・・・ ⇒ 供給が増える ⇒ 値段が下がる
     ・常に客観視する。  
     ・
少し上から俯瞰する。


   ・失うものがない人は、「誰もやっていないこと」をやればいい。


▼報われない環境でも自分を伸ばす学び力
 
   ・報われない環境 ⇒ 「実験」するチャンスと捉える。

   ・悶々としていても意味がない ⇒ 勉強して来るべき時期の準備をする。

   ・応援される力をつけてからアクションを起こす。

   ・人が嫌がることをやってみる。
     続けていけば誰も追いつけなくなる。
     ⇒ 心理的な参入障壁が生まれる。

   ・自分の仕事を否定してみる。
     ⇒ 幸せな人が増える。
     ⇒ 新しいビジネスが生まれる。


▼一点突破力をつけるための投資力
  
   ・集中投資をする。
     他を捨てて、限られた資源でベストを尽くす。


▼「ビジネス貢献力」を鍛える

   
・自分が人に貢献できることは何か?
    ⇒ 自分マーケティングの発想

   ・一人で戦わない
     ・取引先に報いる ⇒ 協力してもらう。
     ・自分を評価してくれる少数の人と Win-Winの関係をつくる。
     ・親の役に立つ経験をすると、子どもは自尊心を高める。
      ⇒ 大人も同じ(eg:上司と部下)
     ・“人は人に生かされている”


▼成果をブランドに変える言葉力

   
・伝える力
    ⇒ 比喩を用いる ?比べる ?例える(“人ごとじゃない”と思える例え)



■気づき度 


トピックに入る前の土井さんの哲学の話。

『人間の不幸は、「相対的」にしかものごとを考えられないくせに、「絶対的」な価値観でしか幸せになれないこと』

つまり、人は他人と比較して自分の幸せ度合い(収入、地位など)を計っている。 ところが、絶対的な価値観がないと、本当の意味で幸せになれない、ということ。


3月のエリエスセミナーに参加したとき、「比較」「自分のものさし」の狭間で混乱したeiichilawですが、ようやく頭の整理がつきました。


「自分マーケティング」的発想では、自分を客観視して、他人と比較してみることではじめて「自分の強み」に気づくわけですが、「自分の幸せ」は、自分だけの絶対的な価値観、哲学をもつことでしか得られないということだと思います。



セミナー終了後は恒例の懇親会に突入。

今回は、

  税理士の井ノ上陽一さん
   http://ameblo.jp/inoue-tax/
  
  書評ブロガーの長谷川佳之さん
   http://blog.yhasegawa.biz/
   
  統計・リサーチのプロ、植木さん

と楽しくお話させていただきました。
どうもありがとうございました。



過去の記事一覧


 
 
   
.30 2009 セミナー・講演会 comment0 trackback0

「人生にマーケティング戦略を!」/佐藤義典【セミナー】

 

■刺激のルート


当ブログ「刺激をシェアしよう!」 ⇒ アクセス解析の検索キーワードGoogleブログ検索「佐藤義典」 ⇒ 立教ビジネスクリエーター塾の定例勉強会告知


ブログを書いていると、自分のブログに訪問される方がどのようなルートでここまでたどり着いたのか、非常に関心があるものです。

その点、ブログには「アクセス解析」という便利な機能がありまして、訪問者のたどったルート(検索エンジンのキーワードなど)がわかるようになっています。

今回参加してきたセミナーは、その「アクセス解析」をきっかけにして開催を知りました。

当ブログではこれまで2度ほど佐藤義典氏の著書を紹介していますが、(「図解 実戦マーケティング戦略」「ドリルを売るには穴を売れ」)当ブログに至る検索キーワードで多いものの1つが佐藤氏関連(氏名、書籍名、マーケティング用語etc...)のキーワードです。

アクセス解析 ⇒ Googleブログ検索「佐藤義典」の検索結果を見ていて、たまたま今回佐藤氏のセミナー開催を知って勢い申し込んだのでした。

つまり何を言いたいのかというと、ブログを書いていなかったらこのセミナーの存在を知りえなかったということ。

そう考えると、つくづく今の世の中ってすごいよなぁと思います  



■チェックポイント


▼事前アンケート
  問1 「あなたの幸せ度合いは100%中、何%ですか?」
      (うる覚えです。確かこんな質問。)
 
  ・出席者のアンケート集計結果 ⇒ 平均63%

  ・幸せな人とは、
    自分の生き方に「腹をくくっている」人。
    「このことのためだったら何でもできる」と思える人。
  
  ・まず、「自分は誰か?」「自分らしさとは?」ということについて真剣に考え
   抜くことが大事。



▼SWOT分析
  50年前の戦略フレームワーク
 
    強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)・・・内的要因
    機会 (Opportunities)、脅威 (Threats)・・・・外的要因

  ・SWOT分析の弱点
    内的要因である「強み」と「弱み」は、競合別、顧客別によって異なる。
    「強み」は「弱み」。「弱み」は「強み」。
    つまり、表裏一体

  ・強みを活かせる「戦場」と「顧客」を選ぶことが重要。

  ・SWOT分析は、「戦略」を作ったあとに使うツール。



▼戦略BASiCS
  佐藤氏が提唱するマーケティング戦略のフレームワーク

   Battlefield (戦場)
   Asset (独自資源)
   Strength (強み・差別化)
   (i
   Customer (顧客)
   Selling Message (売り文句)


  ・「戦場」と「競合」は連動する。(「戦場」によって「競合」が変わる。)

   例)マクドナルドの場合

        戦場      (連動)     競合     
    ハンバーガーショップ ⇔  モスバーガー、ロッテリア
    ちょっと一休み     ⇔  ドトール、スタバ
    早い安い食事      ⇔  吉野家、立ち食いそば
    テイクアウト       ⇔  コンビニ、弁当屋


  ・「強み」と「独自資源」

    「強み」は「独自資源」に支えられている。
    「独自資源」のない「強み」はすぐにマネされる。
    「独自資源」に支えられた「強み」はマネされにくい。

     例)マクドナルドの低価格ハンバーガー
       ロッテリアが一時期、低価格路線を追随するも、ほどなく撤退。
       ⇒ 規模の経済(マックの店舗数、仕入量)の勝利。


  ・一貫性
 
   戦略BASiCSの一貫性が大事。
   それぞれのカテゴリー同士で整合性をチェックする。
   「戦場」と「独自資源」、「独自資源」と「強み」、「強み」と「顧客」・・・
    5×4÷2=10通りのチェックをする。


▼自分を知る

  ・「自分」を知るには、「他人」と比較する

  ・親、先生、友人、職場の同僚・上司に聞いてみる。

    「自分が他人と違うところは?」
    「他人にはない、自分にしかないものは?」
    「なぜ、(他の人ではなく)自分を誘ったの?」
    「なぜ、(他の人ではなく)自分に任せたのですか?」


  ・「自分」から「他人」を削りだして、最後に残った一粒が「自分らしさ」。
   それが何なのかわかるとき、腹落ちする瞬間がきっと訪れる。



■気づき度 


キましたね~ シンクロです。

私が先日エリエスセミナーで受けた衝撃。

『人間の強みは1つしかないんですよ』
『自分を客観視して、人と比較してみることですね。
人との差異が自分の強みなわけですから』(土井さん)

ようやく腹落ちしました。


セミナーの中でやった、戦略BASiCSを自分の人生にあてはめるワークもよかったです。
現在のBASiCS」と「将来のBASiCS」を紙に書き込むことで、今日すべきこと(将来と現在のギャップ)を改めて確認することができました。


ちなみに冒頭のアンケートでは幸せ度合い100%と記入した私ですが、その理由は、「ただただ生きていることへの感謝」という意味であって、決して退路を断って腹をくくれているわけではないですね~

ただ、現実的には(今自分の置かれている状況的には)そろそろ決断が必要なのかもしれません。


さて、セミナー後の懇親会好きの私ですが、この日も多くの個性的で刺激的な方々とお話しすることができました。

お話させていただいた皆さん、どうもありがとうございました。



過去の記事一覧


 
 
   
.17 2009 セミナー・講演会 comment0 trackback0
 HOME 

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。