スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「アルケミスト―夢を旅した少年」/パウロ・コエーリョ【読書】

 

■刺激のルート


山ともだち ⇒ 「アルケミスト―夢を旅した少年」/パウロ コエーリョ (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳)


スペインのアンダルシア地方の羊飼いであった少年サンチャゴが、エジプトのピラミッドにあるという宝物を探しに行く物語。

途中、さまざまな人との出会いや出来事を通じて成長していくサンチャゴ。
夢をあきらめて、いっそのこと羊飼いに戻るべきか、そんな葛藤を乗り越えて・・・

後半の、アルケミスト(錬金術師)との出会いからの展開が圧巻。
人生にとって、とても大切なことを教えてくれます。

小説であり、自己啓発書。
私のとびきりのオススメです。


著者のパウロ・コエーリョは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ(!)
生まれの作詞家であり、小説家。
本書は、ブラジル本国はもとより、世界中の人々に読まれているベストセラーです。


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
パウロ コエーリョ(著)



■気づきのエッセンス



・よい前兆


蝶(ちょう)

こおろぎ

期待を持つこと

とかげ

四葉のクローバー


・衝動にかられて先を急ぐと、神様が道すじに置いてくれた
サインや前兆を見落としてしまう


・「初心者の幸運」

「すべての探求は初心者のつきで始まる。
そして、すべての探求は、勝者が厳しく
テストされることによって終わる」

「人は地平線にやしの木が見えた時、渇して死ぬ」

「夜明け前の直前に、最も暗い時間がくる」


・自分の心に耳を傾ける

心が言わねばならないことを聞き続ける

心を黙らせることはできない

心は傷つくことを恐れる

傷つくことを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいもの

夢を追求している時は、心は決して傷つかない



■気づき度 
※文章や言葉は前後の文脈によって理解が深まるもの。 ご関心のある方は、ぜひ本書を手にとってみてください。 ≫アルケミスト―夢を旅した少年 


“思いたったら即行動” がモットーの私のこと。 これまで多くの前兆を見落としていそうです・・・(^^;;


ところで、物語の中で特に重要なキーワードとなっている「心」
最近、「心」は、すべての根幹なんだな~と思います。


私が好きな、「人生七変化」という言葉。 

「心」が変われば、「態度」が変わる。
「態度」が変われば、「行動」が変わる。
「行動」が変われば、「習慣」が変わる。
「習慣」が変われば、「人格」が変わる。
「人格」が変われば、「運命」が変わる。
「運命」が変われば、「人生」が変わる。
(作者不明)



本書が響いた方は、

星の王子さま (岩波少年文庫 (001))
星の王子さま (岩波少年文庫 (001))
サン=テグジュペリ(著)

もオススメです。


「いちばんたいせつなことは、目に見えない」 
こころで見る」


やはり、こころがキーワードです。


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)



過去の記事一覧


スポンサーサイト
 
 
   
.19 2009 小説 comment0 trackback0
 HOME 

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。