スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

持続する「やる気!」を引き出すには?『モチベーション3.0』【読書】

 
こんにちは、ほこだてです。

ビジネス書クラシックス、『ハイ・コンセプト』の著者として知られるダニエル・ピンク。

著書『ハイ・コンセプト』では、18世紀を「農業の時代」、19世紀を「工業の時代」、20世紀を「情報の時代」、21世紀を「コンセプトの時代」と位置づけ、これからの時代に求められる「六つの感性(センス)」として、

 ①機能だけでなく「デザイン」
 ②議論よりは「物語」
 ③個別よりも「全体の調和(シンフォニー)」
 ④論理ではなく「共感」
 ⑤まじめだけでなく「遊び心」
 ⑥モノよりも「生きがい」

が重要であるとし、簡単に代替のきかない、「創造する人、他人と共感できる人」の時代が訪れていると論じています。

ご関心のある方はぜひ一読を。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)



さて、本日ご紹介するのは、そのダニエル・ピンクの最新刊。

ビジネスにおいて、持続する「やる気!」をいかに引き出すかという「モチベーション」にフォーカスした一冊です。


モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)
モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

【目次】
◇訳者まえがき
◇はじめに
◇第1部 新しいオペレーティング・システム
・第1章 〈モチベーション2・0〉の盛衰           
・第2章 アメとムチが(たいてい)うまくいかない7つの理由      
・第2章の補章 アメとムチがうまくいく特殊な状況
・第3章 タイプIとタイプX
◇第2部 〈モチベーション3・0〉3つの要素
・第4章 自律性〈オートノミー〉      
・第5章 マスタリー(熟達)      
・第6章 目的      
◇第3部 タイプIのツールキット


日本とは企業文化が異なるアメリカ企業の事例が中心ではありますが、そのことを差し引いても、「何のために仕事をしているのか?」という意義を改めて考えさせ、気づかせてくれる良書です。

帯の「21世紀版『人を動かす』」のコピーが示すように、本書もまた私にとってのビジネス書クラシックスとなりそうです。



■気づきのチェックポイント



外的な報酬と罰―つまりアメとムチ―は、アルゴリズム的な仕事には効果を発揮するが、ヒューリスティックな仕事には、むしろマイナスに作用するおそれがある


結局、食うために生きている、というレベルでは、モチベーションはまったく上がらない


「絵画にしろ彫刻にしろ、外的な報酬ではなく活動そのものに喜びを追い求めた芸術家のほうが、社会的に認められる芸術を生み出してきた。 結果として、外的な報酬の追求を動機としなかった者ほど、外的な報酬を(生涯では)得たことになる」


まず、基本的な報酬ラインを十分に保証する必要がある。 つまり、同様の組織で同様の仕事をしている者と比較した場合に、基本的な給与が適正で公平でなくてはいけない


「プロフェッショナルとは、自分が心から愛することをするということだ。 たとえどんなに気乗りがしない日であっても」 (「バスケットボールの殿堂」入りを果たした、Dr.Jことジュリアス・アービング)


ベビーブーマー世代とその子ども世代は「成功の定義の見直しを図り、根本的に『再(リ)ミックスした』報酬を進んで受け入れている」。 どちらの世代も、金銭をもっとも重要な報酬とみなしていない。 代わりに、金銭以外のさまざまな要因―「素晴らしいチームと仕事ができる」から「仕事を通じて社会に還元できる」までの“混合薬”―を選択する。 さらに、既存企業にそうした満足感を得られる報酬が見つからない場合には、自分でベンチャーを起こす


<モチベーション3.0>の企業の狙いは、倫理に反せず法を順守するよう努めながら、利益を追い求める従来企業とは似て非なるものである。 利益を目指すのではなく、利益を触媒として、「目的」の達成を目指す企業のことである


健全な社会、および健全な企業組織は、まず目的ありきなのである。 そして、利益を目的達成の方法、または目的達成のうれしい副産物とみなす


外発的理由―たとえば結婚式のためにやせたいとか、同窓会で見栄を張るなどのために減量したいと望んでいる人は、目標を達成しやすい。 ところがその後、目指していた行事が終わると、すぐに体重はもとへ戻る。 一方で、内発的な目標―快適に過ごすために身体を鍛えたい、家族のために健康を維持したいなど― を抱く人は、すぐに成果は表れないかもしれないが、長期的には非常に素晴らしい結果が得れれる


この新しいアプローチには三つの重要な要素がある。 一つは<自律性>―自分の人生を自ら導きたいという欲求のこと。 二番目は<マスタリー(熟達)>―自分にとって意味のあることを上達させたいという欲求のこと。 三番目は<目的>―自分よりも大きいこと、自分の利益を超えたことのために活動したい、という切なる思いのことだ



※文章や言葉は前後の文脈によって理解が深まるもの。 ご関心のある方は、ぜひ本書を手にとってみてください。 
モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか


前回の放送でついに最終回(!!)を迎えてしまったNHK大河ドラマ『龍馬伝』

以前ドラマの中のシーンで、後に三菱財閥を創業する岩崎弥太郎と海援隊の沢村惣之丞が言い争う場面がありました。


惣之丞 「弥太郎、おまんは何のために商いをしている?」

弥太郎 「そんなこと決まってるろう! わしは大きな商いをして大儲けをするがぜよ!」

惣之丞 「こすいのう、弥太郎。 わしらはのう、龍馬が思う存分動くことができるように、
      商いをしているがぜよ」


確か、そのような内容だったと思います。


そして当の龍馬は、

「みんなが笑うて暮らせる国をつくりたいがじゃき」

「この国に生まれてきて、まっこと良かったと思える国をつくるがじゃ!」

と、常々自分の思いを仲間に言って聞かせていました。


まさに本書で言う、「自分よりも大きいこと、自分の利益を超えたことのために活動したい、という切なる思い」が、龍馬やその仲間達にとっての大きなモチベーションになったのでしょうね。



モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか




ビジネス書


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg 
http://www.hokodate-jimusyo.com


スポンサーサイト
 
 
   
.29 2010 ビジネス書 comment0 trackback0

「かみいぐさ冬市」が開催されます!

 
こんにちは、ほこだてです。

この夏、当事務所が加盟する上井草商店街主催の「2010 かみいぐさ夏まつり」が開催されました。

毎年恒例となっている上井草の夏の風物詩に、この地域にご縁のあるたくさんの方々にご来場いただきました。

イベントレポート 『2010 かみいぐさ夏まつり』


上井草の夏の風物詩が「かみいぐさ夏まつり」なら、冬の風物詩は「かみいぐさ冬市」。

関東大学ラグビー対抗戦の早稲田大学vs明治大学における早大ラグビー蹴球部の応援と、上井草商店街の大売り出しを兼ねてのイベントです。


huyuiti.jpg
※クリックすると拡大します。





「かみいぐさ冬市」とは?

期間中上井草商店街でお買物をすると、早大ラグビーとSDガンダムがコラボしたオリジナルTシャツなど豪華景品を抽選でプレゼント! 上井草でしか手に入らないレアグッズをGETしよう!(上井草商店街セール参加店舗にて一定金額以上のお買い物をしたお客さまが対象となります。)
 
 期間:    2010年11月28日(日)~12月5日(日)

 抽選方法: 「三角くじ」
         ※三角くじの配付条件は各売り出し参加店で異なります。

 抽選場所: 参加店にて

 賞品内容: 1等 上井草SDガンダムTシャツ
         2等 上井草ガンダム手ぬぐい
         3等 上井草ガンダムハンカチ
         4等 早大ラグビー部オリジナルストラップ
         5等 早大ラグビー部オリジナルノート
         6等 木元武さん(上井草ゆかりの挿絵画家)絵はがき
         特別賞 上井草商店街飲食店専用商品券 

 参加店舗: 「かみいぐさ冬市」ポスター掲示店舗
         ※各店舗により、抽選を引ける単位金額は異なります。

 上井草商店街振興組合webサイト
 ↓
 http://www.kami-igusa.com/





また同じ時期、上井草駅から徒歩7分の「ちひろ美術館・東京」では、展示会「ちひろとちひろが愛した画家たち」が開催されています。(期間:2010年11月17日(水)~2011年1月30日(日))

ちひろ美術館・東京


ガンダム好きのあなたも、いわさきちひろファンのあなたも、ぜひ上井草に遊びにいらしてください!




地域のこと


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg 
http://www.hokodate-jimusyo.com


 
 
   
.25 2010 地域のこと comment0 trackback0

ジョビンと坂本龍一の時空を超えた出会い/CASA(カーザ)【音楽】

 
こんにちは、ほこだてです。

本日は、久しぶりにブラジル音楽をご紹介。

20世紀のブラジル音楽を代表する作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビン(1927年1月25日-1994年12月8日)の名曲を、あの坂本龍一が演奏・プロデュースするトリビュートアルバムです。

「坂本がジョビンの曲を、ジョビン愛用のピアノを使い、ジョビンが生前使っていたスタジオでレコーディングするという夢のような企画なのだ。 バックを務めるのは、かつてジョビンのバックで活躍していたモレレンバウム夫妻。」(Amazonの説明より)

ピアノ、チェロ、女性ボーカルを軸にした、シンプルながら知的な雰囲気が漂う極上の音楽をぜひ聞いてみてください。






カーザ
Casa(カーザ)
Jaques Morelenbaum, 坂本龍一, MORELENBAUM2/SAKAMOTO


1. AS PRAIAS DESERTAS
2. AMOR EM PAZ
3. VIVO SONHANDO-DREAMER-
4. INUTIL PAISAGEM
5. SABIA
6. CHANSON POUR MICHELLE
7. BONITA
8. FOTOGRAFIA-PHOTOGRAPH-
9. IMAGINA
10. ESTRADA BRANCA
11. O GRANDE AMOR
12. CANCAO EM MODO MENOR
13. TEMA PARA ANA
14. DERRADEIRA PRIMAVERA
15. ESPERANCA PERDIDA-I WAS JUST ONE MORE FOR YOU-
16. SEM VOCE
※Amazonで視聴できます。






ちなみに私の携帯の待ち受け画面は、かれこれ3年以上前から本アルバムのジャケット写真(画像)を使用中。


ジョビンが使っていたスタジオでのレコーディング風景が見れる、本アルバムの収録曲
「O GRANDE AMOR」のYouTube動画をどうぞ。






ところで、坂本龍一と坂本龍馬……。  一字違いなんですね。




音楽


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg 
http://www.hokodate-jimusyo.com


 
 
   
.17 2010 音楽 comment0 trackback0

困ったときは、目的に戻って考える

 
こんにちは、ほこだてです。

以前、数年前の相続の時からそのままになっている自宅の名義を変更したい、というご相談を受けたことがありました。

土地と建物が亡くなったご主人の名義のままになっているので、土地を奥様(ご相談者)の名義にし、建物を奥様と海外に住む娘様の共有名義に変更したい、というご相談です。

手続き的には、お亡くなりになったご主人の生涯戸籍を集めて相続人を確定し、相続人間で合意した遺産分割協議書、および、新しく名義を持つ方の住所証明書などを整えれば、名義の変更は可能です。


「でもそもそも、何のために自宅の名義を変更するのですか?」とご質問したところ、


築35年の自宅をリフォームするためには1,000万円近くのお金がかかるので、結婚して海外に住んでいる娘に半分ほど資金を援助してもらう予定。 娘は今後も日本に住むつもりはないが、資金を援助した分、建物に娘の名義を入れないと贈与税の問題が出てくるとリフォーム会社さんからアドバイスを受けました、とのこと。


なるほど、名義変更の目的は、自宅をリフォームすることだったのですね。


では、土地は奥様の名義にするとして、仮に建物を奥様と娘様の共有名義にしたとします。 その場合にもし、娘様に万が一のことがあった場合、すなわち、奥様よりも先に娘様の相続が発生した場合、建物の名義はどうなるでしょう? 

その場合は、海外に住む娘様の旦那様にも建物についての相続権が発生します。 そうならないためには娘様に遺言書を書いてもらって……


ご相談者 「え! 考えてもみなかった! それは困るわね……」

私 「もう一度、目的に戻って考えてみましょうか。 今回の目的は、築35年の自宅をリフォームすることでしたよね」

ご相談者 「確かにそうだけど、今のところ自宅には私しか住む予定はないし、よくよく考えるとリフォームにそんなにお金をかけることもないのよね」


最終的にご相談者の奥様は、海外に住む娘様が次回帰国した際に家族会議を開いて、もう一度我が家の方針を決定してから相談に来ます、とおっしゃいました。


「困ったときは、法の趣旨(目的)に戻って考える」

法律を勉強していたときに学んだ知恵です。



仕事のこと


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg 
http://www.hokodate-jimusyo.com



 
 
   
.08 2010 仕事のこと comment0 trackback0
 HOME 

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。