スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「矢倉岳」日帰りハイク

 
こんにちは、鉾立です。

毎年恒例となっている誕生日一人登山。

「個人の一年のスタートは誕生日。 誕生日前後に一人で山に登ってこころとからだをリセットする」をテーマに、なんだかんだで継続している個人行事です。

※「倉岳山」日帰りハイク
http://eiichilaw.blog73.fc2.com/blog-entry-46.html

今年はなんとなく富士山に近い山に登りたいなぁと思い、以前から気になっていた矢倉岳(870m)に登ってきました。




■フォトギャラリー ※画像をクリックすると拡大します。




120325「矢倉岳」日帰ハイク+001_convert_20120331125937


新宿から小田急線急行に乗り約1時間20分で新松田駅に到着。
ここから箱根登山バス「関本経由地蔵堂ゆき」に乗ります。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+008_convert_20120331130101

矢倉沢バス停で下車。
登山口へ向かう途中の白山神社にて、山行の安全をご祈願。


 120325「矢倉岳」日帰ハイク+007_convert_20120331130020

神社の脇の広場にヤギを発見!


120325「矢倉岳」日帰ハイク+012_convert_20120331130136

いい感じで梅が咲いてましたよ。(2012.3.25)


120325「矢倉岳」日帰ハイク+017_convert_20120331130210

お茶畑から雲と山々を望む。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+019_convert_20120331130238

ぐにょーっと曲がった木。
この先、山頂まではひたすら登る感じです。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+023_convert_20120331130306

山頂到着~
すぐ目の前には富士山が!
この日はじめて見る富士山。 これだけ近いとインパクトがあります。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+034_convert_20120331130550

標高870mで目の前に富士山が望めてしまうというのは、このあたりの山ならでは。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+029_convert_20120331130408

後ろをふりかえると、眼下に相模湾が一望できます。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+032_convert_20120331130516

金時山など箱根の山々も見渡せました。
こんどは金時山に登りたいなー


054.jpg

そして富士山。
やっぱりいいね。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+028_convert_20120331130336

スープ用のお湯を沸かしながら、前日購入した洋傘パン店さんのパンを温めるの図。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+031_convert_20120331130445

天気がよくてほんとによかった。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+042_convert_20120331130749

下山は足柄峠方面へ。
登りと違って、下りでは途中途中でひょっこりと富士山が顔を出します。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+040_convert_20120331130652

ま、一応ね。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+046_convert_20120331130821

足柄峠で見つけた金太郎の石像。

この後、最終地点の「地蔵堂」へ通じる道の「足柄古道」がなかなか見つからず…。
ここからちょっと戻ったところにありました。(汗)


120325「矢倉岳」日帰ハイク+050_convert_20120331130847

下山途中に見えた矢倉岳。
きれいな「おにぎり型」をしています。


120325「矢倉岳」日帰ハイク+052_convert_20120331130913

地蔵堂に到着~
地蔵尊で山行の無事を感謝。
ここからバスで再び新松田駅へ戻ります。


053.jpg

帰りは小田急線の鶴巻温泉駅で下車。
丹沢方面へ行ったときによく利用する日帰り温泉、弘法の里湯で一日をしめくくりました。
 






山を歩きながら、自分の「情熱の源泉」はなんだろう、ということをずっと考えていました。

私は仕事柄、事業の立ち上げや立て直しに関する相談をよく受けるのですが、その度にクライアントさんに聞いているのが、「その事業はあなたの情熱とリンクしてますか?」という質問です。

やはり情熱がないと、事業の立ち上げ当初に思うように売り上げが上がらなかったり、事業の立て直しをする際に従業員やスタッフの協力が得られない、といった難局を乗り越えられないし、なにしろ、自分自身が何のためにリスクを負ってまで事業をやっているのかわからなくなってくるもの。

そんなわけでクライアントさんには客観的な視点から「情熱と事業の関係性」についてアドバイスをさせていただいているのですが、私自身も独立してから3年目に入り、独立当初と今とでは情熱の質が変わってきているわけで、一人の時間をつくって自分自身の情熱の源泉を今一度見つめなおしたいなぁと思っていました。

独立当初は、「学生時代からの目標だった自分の事業をはじめる一歩を踏み出す。 そして、小さく、手堅く、とにかく実績づくりに注力する。」ことが私の目標であり、それが情熱の源泉でした。

では今はどうかというと…

一言で言うと、「人に頼りにされる。 人の気づきを引き出す。」というのが今の自分の目標であり、「人の役に立てたとの実感」が情熱の源泉。 それが仕事になっていれば、これ以上のモチベーションはないかなと。

山を登りながら、そんな思いが私の頭のなかをぐるぐるとまわっていたのでした。


その後、温泉につかりながら、ビールを飲みながら思った、今回の一人登山での気づきのまとめは、

「ここ1~2年、自分自身で設定していた「枠」をとっぱらおう。
そして今の時代に持ちにくい夢・ビジョンをあえて掲げよう。」


そして今日もビール飲んで酔っ払いながらこのブログを書いているのでした。(*^_^*)



>


>過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg
http://www.hokodate-jimusyo.com


スポンサーサイト
 
 
   
.31 2012 comment0 trackback0
 HOME 

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。