スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「神田昌典講演会 全脳思考-自分の未来をはっきり感じる1枚のチャート」/神田昌典【セミナー】

 
こんにちは、eiichilawです。

7月から受講しているブランディング講座。
同期の仲間と、毎日のように刺激をシェアさせてもらっています。

これまでの自分の人生を振り返り、丹念に経験を深堀していく作業を通じて、社会における自分の役割・使命に気づく。

めちゃくちゃ時間のかかる、時には辛い、根気の要る作業ですが、

「なぜ今の自分はこうなったのか?」
「自分の使命は何か?」

といった問いのヒントが、過去の自分自身の経験や思考から浮かび上がってきます。

そのヒントを言語化したプロフィールが、ブランド人として、世の中に発信するメッセージとして、その人らしくあるか、といったところをweb上で仲間と日々議論しています。

自分では気づかない自分の強み。
仲間に指摘してもらい、何度もハッとしました。

この場ではまだ詳しく話せず、もどかしい限りですが、
1ヵ月後、間違いなく私のプロフィールがガラっと変わることでしょう。



■刺激のルート


「全脳思考」 /神田昌典 ⇒ mixi神田昌典コミュニティ ⇒ 「神田昌典講演会 全脳思考-自分の未来をはっきり感じる1枚のチャート」/神田昌典


先週、『全脳思考』刊行記念講演で紀伊國屋ホールに行ってきました。

カリスマ経営コンサルタントとして名を馳せている神田氏。
通常の1日セミナーでは、受講料5万円は下らないのですが、今回は約2時間半の講演で参加料1,000円!
もちろん内容は比較などできませんが、充実したワークの時間もあり、大満足な講演会でした。


※神田氏の著書、「全脳思考」 /神田昌典 に関する記事はこちら

http://eiichilaw.blog73.fc2.com/blog-entry-21.html




■チェックポイント



・環境問題、医療福祉問題等、問題が高度に複雑化してきている
 現代社会においては、ビジネス的にもソリューション化が不可欠。

・ホワイトカラーの時代から、クリエイティブクラスの時代へ。
 ロジカルな思考が求められる職種より、知的創造的な職種、
 すなわち、デザイナー、芸術家、ミュージシャンなどが活躍する時代となる。

・常に未来を想う。
 現状からの発想では、困難な問題を打開するようなクリエイティブなアイデア
 は生まれない。

・顧客とともに成長する。
 共感され、応援される人になる。

・ベイビーステップとは?
 今すぐできること、今晩からできることは?
 小さなベイビーステップからすべてが始まる。



途中、希望する参加者を舞台に上げて、チャート作りの実演をはさんだ後、
参加者各自が考える、「3年後の120%ハッピーな自分」を題材にしたワークへ。


私のお題は、「進化する21世紀型コンサル」。(なんだか仰々しいですね~。)


◎まず、「3年後の120%ハッピーな自分」は、どんな自分?
 未来の自分はどんなことを語っている?

という問いについては、


『手探りではじめたことがカタチになり始めた!
余裕が出てきたから新しいことが始められる。
例えば、会社経営、出版etc・・・』


▲次に、「現在の自分」は、どんな自分?
 今どんなことを考えている?

という問いについては、


『やろうと思うことが世の中に受け入れられるか?
ニーズを捉えているか?
事業として回っていくだろうか?』


そして、「現在」から「3年後」に至る過程で起こるであろうエピソード
いくつかイメージしていきます。


私の場合、

▼現在~2010年8月まで
 とにかく知識の吸収(インプット)と実務経験(アウトプット)を繰り返す修行の
 時。
 と同時に、「理念を人に伝えまくる」をミッションとする。

▼2010年9月~2011年4月
 顧問先・提携先が増え、事業が安定化する。

▼2011年6月
 セミナーCD・DVD等のツールを開発。事業の自動化へ。

▼2012年1月
 商業出版。事業モデルが受け入れられたと実感。

▼2012年6月
 新しい事業立ち上げのため、会社 or NPO を設立。


な~んて、とりとめもなく書いてみました。
しかしながら、結構筆が進み、テンション上がりました。
とても楽しかったです。


最後に、神田氏が、
「思いやりのある生活」 (知恵の森文庫) (文庫)/
T・ギャムツォ (ダライ・ラマ14世) (著), 沼尻 由紀子 (翻訳)

という本を紹介していました。

ビジネスにおいても、「思いやり」という視点が大切とのこと。

早速読んでみようと思います。



■気づき度



「全脳思考モデル」、今の自分の置かれている状況的に、(独立開業準備、会社・取引先との関係etc...)混乱した思考の整理に非常に役立っています。

今回の講演は、神田氏が書籍では伝え切れなかったことを伝える、というコンセプト通り、参加者を舞台に上げてのチャート作り実演の中で、具体的な思考プロセスを参加者全員と共有できたのが良かったです。

また、著書は、
顧客を120%ハッピーにする」という視点で書かれていたので、
自分を120%ハッピーにする」というワークが自分の中では新鮮でした。


気づき度120%で大満足。

講演会に付き合ってくれたmaki’nさん、アリが10匹!



過去の記事一覧


 
 
   
.23 2009 セミナー・講演会 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://eiichilaw.blog73.fc2.com/tb.php/23-1e70361b

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。