スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

夏祭りといえば! どうしても浴衣(男物一式)が欲しくなり……

 
こんにちは、ほこだてです。

地元夏祭りの開催日が近づいてきました。


過去の記事
「上井草地域  2010年夏祭り関連イベントのまとめ」

http://eiichilaw.blog73.fc2.com/blog-entry-63.html


当事務所が加盟する上井草商店街主催の「2010 かみいぐさ夏まつり」の開催日は7/30(金)・31(土)。 我々加盟店は、本業の合間をぬって前日の朝からお祭りの準備に取り掛かる予定です。

記事でご紹介した近隣の商店街主催のお祭りも、当事務所のお取引先が多数参加されるとあって、私はすべてのお祭りに参加する予定。

今年の夏は、お祭り三昧となりそうです。


さて、夏祭りといえば、やっぱり浴衣。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」にハマッている影響もあって「私もかっこいい浴衣がほしいなぁ」ぐらいに思っていたのですが、お祭りの開催日が近づくにつれて「どうしても浴衣が欲しく」なり…… 

思い切って購入することにしました。

しかしいざ購入しようしたら、「そもそも男物の浴衣ってどこで売っているの??」という疑問が。

ネットでいろいろ探しているうちに、「たんす屋」というリサイクル着物ショップにたどり着きました。

荻窪店が一番近そうでしたので、先日、自転車を飛ばして15分の荻窪タウンセブンへ。
※荻窪タウンセブン専門店街は、2010年8月以降より一時休業(改装工事を実施)し、同年秋にリニューアルオープンするそうです。

お店に着いてからまず、店員さんに浴衣に関する基本的なレクチャーを受けました。

ふむふむ、浴衣のほかには「帯」と「こしひも」と「下駄」が必要とのこと。 これでワンセットなんですね。

さて、気になるお値段は?

浴衣4,800円~、角帯2,800円~、こしひも480円~、下駄2,100円~也。

なるほど、トータル1万円ぐらいでいけそうです。

では、肝心の浴衣の「色・柄」は?

ちなみに、私の身長だと浴衣のサイズはMサイズ(着丈140cm)。

残念ながら、現在同店にはMサイズは白地の生地しか在庫がないとのこと。 他の色の生地の入荷は翌週になるということで、紺系と黒系の生地の在庫がある近場の吉祥寺店をご案内していただきました。

テンションが上がっている私は、「なんとしても今日中に欲しい!」ということで、その足で吉祥寺へ。 

すぐにお店を見つけて、男物浴衣コーナーを確認。 早速商品選びです。

荻窪店で受けた浴衣レクチャーのおかげで、商品選びをする姿には既に常連の貫禄が!(ないない)

店員さんと一緒に黒地・虎柄の生地か濃紺の生地か散々迷った挙句、結局、濃紺の生地をチョイスしました。


柄はこんな感じっす。

20100719-2.jpg


そして、下駄は黒色ベースの市松柄をチョイス。
しぶいっしょ?

20100719.jpg

購入後、こんどは店内で着付けのレクチャーを受けて、いざ準備万端!

着付けと角帯の結び方はこちらのサイトにも詳しく載ってますね。

浴衣の着付け.com
◇男性用浴衣の基本の着付け
http://yukata-kitsuke.com/otoko1.htm
◇角帯の結び方
http://yukata-kitsuke.com/otoko-kaku.htm


いやー、今からお祭りが楽しみです。



地域のこと


過去の記事一覧



hokodate_logo_s_20110702175013.jpg
http://www.hokodate-jimusyo.com


 
 
   
.20 2010 地域のこと comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://eiichilaw.blog73.fc2.com/tb.php/65-336c7d93

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。