スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
   
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「伊豆ヶ岳」日帰りハイク

 

刺激のルート


「どこでもアウトドア 奥多摩・奥秩父を登る」 ⇒ 奥武蔵 伊豆ヶ岳 


山はよいです。
都会から離れて自然の中に身をおくと、こころがリセットされます。
それに、ペースを一定に保って、一心不乱に登っていると、いつも必ず気づきがあります。


普段は友人と山に登ることが多いeiichilawですが、毎年、誕生日の前後に一人で山に登っています。
1年の区切りに行う儀式。 
過去の1年を振り返って、新たな1年のテーマを定めます。


そんなわけで、今年も誕生日のあった週末、天候もよろしく恒例の一人登山に行ってきました。



■フォトギャラリー ※画像をクリックすると拡大します。


090329伊豆ヶ岳+001_convert_20090405000704

アプローチは西武秩父線の正丸駅から。
改札を出て空を見上げたら快晴~


090329伊豆ヶ岳+003_convert_20090405000850

えっ!? 平衡感覚を失わせる階段!


090329伊豆ヶ岳+006_convert_20090405000958

登山口に向かう途中、
あちこちで梅が咲き乱れてました。


090329伊豆ヶ岳+023_convert_20090405001103

伊豆ヶ岳の由来は、突峰状の山容によるアイヌ語の「イズ」から出たものだとか。
眺望は、はるか新宿副都心まで望めました。


090329伊豆ヶ岳+043_convert_20090405001215

下山の途中にある「子(ね)の権現」にて。
1000年の歴史のある古寺です。


090329伊豆ヶ岳+052_convert_20090405001320

子の権現の二本杉。
見てのとおりの立派な霊木!



気づき度 



今年の正月頃から考えている「自分の強み」について、ぐるぐると考えながら登ってました。

2日前のエリエスのセミナーでの話が、自分にとってそうとう強烈だったんですね~

  『人間の強みは1つしかないんですよ』
  『自分を客観視して、人と比較してみることですね。
   人との差異が自分の強みなわけですから』

未だ自分の中ではぼんやりしてますが、やはり実行ありきかなと。

とにかく徹底的に自分を客観視して、強みを浮かび上がらせてみようと思いました。


下山のあとはお約束の温泉へ。
奥武蔵あじさい館
の露天風呂&缶ビールで至福のひとときを過ごしたeiichilawでした。






過去の記事一覧


 
 
   
.05 2009 comment2 trackback0

Comment

tobi
低山良いね。

この時期に同じく奥多摩~秩父の棒ノ折山
にハイクしに行ったよ。途中岩に囲まれた
小さな滝に、鳥居を設けた癒しスポットを
見つけたよ。やばいです。

紹介の本良さそうですね。奥秩父といえば
田部重治の著書を読みたいのですが、なか
なか本屋に売ってなく、いまだ未読。
以前に「笛吹川を遡る」の一説を何かで読
んで、すごい読みたくなりました。
2009.05.08 00:54
eiichilaw
tobiさん、どうもです。

> この時期に同じく奥多摩~秩父の棒ノ折山
> にハイクしに行ったよ。途中岩に囲まれた
> 小さな滝に、鳥居を設けた癒しスポットを
> 見つけたよ。やばいです。

マイナスイオン発生~!
素晴らしい。理にかなっていますね。
こんど癒されに行ってきます。

> 紹介の本良さそうですね。奥秩父といえば
> 田部重治の著書を読みたいのですが、なか
> なか本屋に売ってなく、いまだ未読。
> 以前に「笛吹川を遡る」の一説を何かで読
> んで、すごい読みたくなりました。

田部さんの本、eiichilawも読んだことありません。
山の本はほとんどが絶版のようですね。

英文学者が書く日本の山の紀行文。

読んでみたい!

Amazonのマーケットプレイスで見つけた
新編 山と渓谷 (岩波文庫) (文庫)
にチャレンジしてみようと思います。

刺激をシェアしてくれてアリが10匹!
2009.05.09 21:55

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://eiichilaw.blog73.fc2.com/tb.php/7-99c18d13

チャレンジする起業家・経営者向けメールマガジン

プロフィール

鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)

Author:鉾立 榮一朗(hokodate eiichilaw)
行政書士 鉾立榮一朗事務所
Change & Revival 株式会社 代表



中小企業・個人経営者向け
経営アドバイザー&財産コンサルティング



最新記事

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。